*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RS guitars Contour '59 アメリちゃん【しばらく使ってみての雑感】
そんなわけで予告どおり、マニアックなベーストークだよ。
こんな長くブログ書いたの久しぶりー
ていうか機材についてこんな書いたの初めてだわ。




DSC_0088.jpg

アメリ月


COLOR:Candy Apple Red
BODY:Alder
NECK:Maple
PICK UP:LINDY FRALIN CUSTOM
BRIDGE:VINTAGE
TUNERES:HIPSHOT ULTRALITES


ここ2か月ほど、ほとんどすべての現場に連れまわしたアメリちゃん。
前回もちょっと書いたけど、
Fender社がビンテージのリイシューモデルを作るときにレリック加工、
つまりビンテージ風のダメージ加工を外注していた、
加工の職人のおっさん達が、
本気だしてイチから楽器作っちゃうよ!
てなもんで立ち上げたブランド、RS Guitars。
http://tauruscojp.wix.com/rsguitarworks


Contour '59というモデルはフェンダーのビンテージプレシジョンベースを意識した、というか
当時作られた楽器を今までバリバリ使い続けた状態を再現、に近いモデル。
もちろん加工の方はこれでもかと気合入ってます。

ボディ上部には右腕が乗っかる位置にでかい塗装剥げが。
…だが新品だ。
ブリッジやネジ、ピックアップのポールピース等の金属パーツは錆びついている。
…だが新品だ。
抜いたネジの潜っていた部分までサビている。
…だが新品だ。
ボディ裏にはベルトのバックルが当たる位置に豪快なザグリ。
…だが新品だ。
ラッカー塗装はひび割れ、ネックは日焼けっぽく黒ずんでいる。
…だが新品だ!


職人のおっさん達、アホです。

というわけで見た目はキャンディアップルレッドにゴールドのピックガードと、
メキシコ産のROAD WARN的な、ポップなのに渋カッコいい、
たまらんルックス。

ちなみに、
「アメリちゃん」という名前は
Candy apple red→飴 林檎 赤→アメリンゴ→アメリ→アメリちゃんて可愛くね!
から付けました。
ええ、大体いつも見た目から直感です。



そして、音。
本物のフェンダービンテージよりも「らしい」と言われる枯れたトーン。
これホントでした。
木材、マウントキットの選定から精巧な組み上げは勿論なんだろうけど、
パーツの錆や傷、独特で小ぶりなヘッドシェイプが影響しているのか、
ギラっとしたtrebleのない、
ふくよかなスーパーlowもない、(ていうかそもそもビンテージのプレベってそんなところ鳴らないんだけど)
それでいてピッキングした瞬間に、木材がグワングワン振動している感じがビリビリ来る。
矛盾してるけど「鳴りまくるけど鳴り過ぎない、それでいて暴れた部分も持ってる」、
そんな感じ。
メイプル指板なこともあってか、
どことなく立ち上がりが甘く優しい気も。

実際に録った音を聞いてみても、
レンジは決して広くないけど、
密度の濃い、締まってて抜けまくるのに、
柔らかい、あったかい印象。
ぶっとくは聞こえないのに、がっしり真芯を捉えてしっかり支えてるような。
優しく甘く弾くと、かえってブーミーに丸く膨らんでくれさえする。
振動の体感がすごいのは、
ボディがもしかしたら小さいのかな?


そしてこんだけ枯れた見た目と音色なのに、
新品だからそりゃ当たり前なんだけど
コントロールの効きはバツグン。
ボリュームもトーンも、ガリノイズやへんな溜まりや急なポイントもなく、
使いやすく劇的。

トーンを絞りまくれば、モータウン風のブニブニした音からシンセっぽい甘さまで、
真ん中前後では、ファンキーなブリっとゴリっとしたイナタいところが出てきて、
グイっと上げれば、ロックなアタック感からベキベキっとしたあのプレベ独特のスラップサウンドも。

左手右手問わず、手のニュアンスがすこぶる忠実に如実に出る分、
出音に甘えを許さない、
どこまでもついてきてくれる安心感と、丸裸にされる怖さの両方を提供してくれます。
今までアクティブでバルトリーニの楽器ばっかりだった自分にとってはなおさらかも…

あと結構重要なのが、
その驚異的な軽さ3,39kg。
アホかと。
ヘタなギターより全然軽い。
これ慣れちゃうとビリーちゃんホントきつい。
とにかくブンブン振り回しても長いステージでもラクチン!
んでやっぱ移動、運搬だよねー。
身体的にも精神的にもすっごく助けになってます。



今までと全く違う方向性の楽器を手に入れたことで、
ずっと使ってきたビリーちゃん、チェリーちゃんのことが
よりわかってきた側面もあります。
こういう現場では絶対チェリーちゃんじゃなきゃダメだ、とか
アメリちゃんしか務まらないぞここは!とか
どれでもだいじょうぶだけどビリーちゃんだとああいう印象になるからあえてそうするか…とか。










とかまあ長く書いたけど
結局楽器選びって、演奏者の自己満足でしかないってのが大部分で、
よく俺も「楽器選びはオ○ニーだよね」とか言ったりするけど、
でもそれが結果的にプレイやいろんな場面に影響してくるから、
やっぱり大事なんだよね本人にとっては。

これから来月中旬まで、新しい現場を含めたかなりボリューミーなスケジュールが続くので、
新しい楽器と今までずっと付き合ってきた楽器と、
みんなで切磋琢磨して成長していきたいですとかなんとか、
30になって青臭いこと言ってみてシメてみる。

最後に、アメリちゃんを弾く山内くん(dr)。
「ハラソウさん、プレベめっちゃハマリますね!
これ3本目にして出会っちゃったんじゃないですか!これだったんじゃないですか!」
とアツく語ってくれましたw
昔から長く付き合って、いろんな現場や場所、環境で一緒に演奏してきた、
信頼してるドラマーからそうやって言われるのはなんだか嬉しいものもあるぜ。

やまうち












スポンサーサイト
Markbass Compressore
ニューカマーがやってきました。


くろき

「コンプは上手い人が使うべきもの!」
という勝手な思い込みを持っていた俺。



ていうか今でもそう思ってはいるけど、
ある時ふと、
グイングインにコンプをかけたらあんな音やこんな音が出るんではないか
と思いついた。

Derrick Hodgeみたいなシンセベースっぽい音とか、
いろんなベーシストでもスラップはやっぱしコンプかけないと形になりにくい、とか
今度のライブはいっぱいスラップやるだろうし、というのもあって、
勉強ももちろん兼ねて、導入してみました。

RECやアレンジするときはミックス段階でコンプかけるしね。



しかしそこはヒネくれもののWindingソウ。

EBSのmulch Compは効果的な音だったけど、
コントロールが若干不自由なのと、
定番すぎてNO。
DIGITECのSQUEEZEは狙いがトンガりすぎというか、
ホントに飛び道具として使うには面白そうだけど、
最初のコンプにはちょっと不適切かな。
Keeley COMPRESSORは
高級なお値段に見合った上品な音がしたけど、
ガツンとした設定にはイマイチ持ってこれない感じ。

んーワガママ。


といろいろ触った結果、
アンプも持っているイタリアのメーカー、
markbassに落ち着きましたー
markbassはもともとハイエンドかつユーザビリティの充実した、
気鋭のベースアンプメーカーだけど、
最近ペダルエフェクターをいろいろつくってますよね。
他のもいろいろ触ってみたいなーそのうち。

で、肝心のCompressoreです。

■コントロール:GAIN、THRESHOLD、RATIO、ATTACK、RELEASE、VOLUME
■リアパネル:インプット、アウトプット、DCインプット(DC12V)
■電源アダプター付属
■寸法:170x145x60(mm)
■重量:750g

出音がファットに感じるのはやっぱり真空管が通ってるからかな。
その分おっきくて持ち運びがちょっとメンドいけど、
コントロールがたくさんついてて、
俺が普段MIX時にかけているVFX(PC上でデジタルにかけるエフェクト)のコンプと
使い勝手が近いのが好印象。
それでいて独自のインターフェースや用語がないところがなおさらいいっす。
BoostとかSustainとかね、
実際なんの数値をコントロールしてるのかわかりにくいツマミの名前はイヤだったので。
コンプの場合は特に。
まあわかるけど。


スタジオやステージで使い込んで仲良くなってみないとわからない部分も大きいですが、
俺が選びそうなモノを選んだなっていう自覚があります。
たぶんいい傾向。

黒くて黄色いので
「クロキくん」と名づけたいと思います。













エフェクタ買っちゃった!(機材バナシ長文)
ミドリちゃん

BASS SYNTH WAH
-- Bass Envelope Filter


ビヨンビヨンのグイングイン、
ブニョンブニョンのエグくてカワイイヤツです!



もともとJAMIROQUAIとかStevie WonderからR&B、HIP-HOPなんかのシンセベースが大好きな俺。
ずーっとエンヴェロープフィルターやベースシンセが欲しくてしょうがなくって、
見た目と名前が大好きなAKAIのDEEP IMPACTとか追っかけてみたりもしたけど、
生産中止による骨董化によって、実物を見る機会すらほとんどない始末。

フィルターやマルチもいろいろ触ってみたけど、
なかなか自分のニーズと懐具合の折り合いがつかず、
今まで購入に踏み込めなかった。

でも最近の自分のダブエンやサウサイ、他にもいろんな現場の中で、
飛び道具が一個あると選択肢が広がるなって気分の時が結構あって、
ついに今回初の(厳密にはブースターとして使ってるEQがあるけど)エフェクター導入に至りました。

いろいろ試奏してみた結果、
俺がとりあえず欲しいのは

1・フィルターとできればオクターバーを同時にかけれる
2・できればもう少し音色があったら楽しい
3・反応速度の早さ
4・バイパス時のストレスのなさ
5・コスト

もちろん5が一番ウェイトを占めたわけだけども(笑)

1はもちろん、2を重要視するとマルチがベストなんだけど、
やっぱり3まで求めるともうGT-10Bみたいなやつまで背伸びしなくちゃいけなくて、
やっぱりこんなデッカいマルチを持つのは俺っぽくないという
誰にも理解してもらえない理由により断念。

王道のQ-TRONやBOSSのWAHやSYNTH、
EBSのBASS-IQとかエレハモのMICROSYNTHとかも試奏してみたけど、
どうもしっくりこない。

帰ろうかと思って名残惜しく楽器屋の棚を見て、
あ、これ触ってない
と思って店員さんを呼び戻して再度試奏。

あ、これだ
と思っちゃった。

とにかく1がバッチリストライクなのと、
3、4、5がかなーり及第点!
2分でコレ買います
って感じでした。





早速その後のダブエンのリハでいろいろ遊んでみたけど
これちょー楽し~
しかもダブエンの曲に結構ハマるハマる。

ほかにもサウサイのあの曲やら
ポン酢セッションのあの曲やら
試してみたいところがいっぱいで

やっべテンションあがって寝れない。
ミニ四駆買ってもらったガキか俺。


いやーでも1コこうゆうの持っちゃうと
アレもコレも欲しくなっちゃうんだろうな~
それも怖くて二の足踏んでたのに
もう戻れないなーー



ミドリちゃんって名づけました!
すっかりハマってる!


ニューフェイス。
ついに来たぜー
先々週くらいに頼んでたこいつ。


080516_142256.jpg




3BA551A323024AB5B751A3A842139641_12001.jpg


YAMAHA SLB-200

棹:メイプル
胴:スプルース・マホガニー
指板:エボニー
駒:メイプル(高さ調節可能)
顎あて・テールピース:エボニー(リバース方式)
弦:ボールエンドタイプ コントラバス用弦 (D'Addario社 Helcore Pizzicato)
センサー:駒下配置方式・新開発ピエゾピックアップ
電装:POWERスイッチ(ON/OFF)、VOLUME、トレブルコントロール、ベースコントロール、LINE OUT出力
電源:9V乾電池×1個
弦長:1040mm
寸法・重量:1,692(L)×456(W)×330(H)mm・7.2kg



やっぱりここ前後の価格帯の中では抜きんでて音がいいと思う。
サステインはさすがに全然違うけど、
アタック感はかなりコントラバス。
EQも効くし、構造もコントラバスをシミュレートしている分シンプルで扱いやすい。

演奏性も、一時期お借りしていたSWBよりも安定感があるし、

これは…やったぜ。



1年前に後輩が同じモデルの買い手を探していたときは、
タイミングと当時の財政の関係で泣く泣く辞退した。
きっと今がタイミングなんだと思う。


名前はホネつながりから「ジャック」。
初の男の子だ!



とりあえず全然弾けねーので、
練習しまくります。
ちゃっかり弓とか持ってるんですよ。

乞うご期待!



あっきーゴメンカブった。
マーくん





久しぶりにおっきー買い物しました。
最近現場で困る機会が多かったのでアンプを買ったのでありマス。

MarkbassのCombohead、Mini CMD 121Pってやつです。

多分にアメリカンな匂ひを醸し出すイエローが効いたデザイン。

名前はなんて付けたらいいかなぁ?
MarkBassだからマーク?マ=クベ?



~スペック~
SPEAKER
1x12"
TWEETER
piezo
BASS REFLEX
rear
IMPEDANCE
8 ohms
SPEAKER POWER HANDLING
400W RMS (AES Standard)
AMP OUTPUT POWER
500W @ 4 ohm / 300W @ 8 ohm
PREAMP:
solid state
FREQUENCY RESPONSE
45 Hz to 18 kHz
CROSSOVER FREQUENCY
3.5 kHz
SENSITIVITY
99 dB SPL
WEIGHT
29.3 lbs / 13.3 kg
HEIGHT
17 in. / 43.2 cm
WIDTH
15.3 in. / 38.3 cm
DEPTH
14.1 in. / 47.9 cm

愛器ビリー
DSC_0108.jpg





Pensa-Suhr JB-CUSTOM

すんばらしいコです。

マス日野製作、93年12月1日生まれ。

名前はビリー。
ちなみに女性です(ビリーホリディとかね)

なんともセクシーでスタイリッシュじゃありませんか。
特に、見えにくいけどヘッドが色っぽいの。
音はとことん甘口、でも腰の据わった音です。
反応、サスティン、EQの効き、完璧です。


~SPEC~
HEAD,NECK:MAPLE
BODY:ASH
TOP:QUILTED MAPLE
BRIGE:BADASSⅡ
PEG:SHARLER
PICK UP:baltorini
PREAMP:baltorini
CONTROL:2Volume、Treble、Bass、PREAMP ON/OFF SW

ちなみに弦はダダリオがメインです。太めの。
ホントにこのコとは別れられそうにありません。
みんな仲良くしてやってね!


チェリーちゃん
チェ



Pedulla Rapture bass j2-5

color :wine red sunburst
finish : Gloss Polyester, Satin urethane neck
body :hard maple
neck :maple/rosewood
pickups : Made for MV Pedulla by Bartolini
pre-amp :baltorini(active)
control :volume ,barancer ,
treble(boost/cut),bass(boost/cut)





輝かしい経歴をもつベテランベースちゃん。
大好きなベーシスト、W氏から譲り受けました。

なんといってもそのカツコ良すぎるビジュアルに、
元カレさんがお使いの頃からベタ惚れでした。

それがこの度、決してネガティヴではない理由から
このコを手放すことになり、僕のもとに来ることになりました。
数奇かつ自分にとっては願ってもないめぐり合わせ。

経歴はもちろん音もじゃじゃ馬で、
油断してるとマジでベース負けする!
ちくしょーいろんな意味で負けらんねー。


元カレさんはこのコを「イチゴちゃん」と呼んでいたのですが、
ウチでは「チェリーちゃん」と呼ぶことにしています。

みんなもよろしくね!















                                                 参考資料(笑)


MENU
Profile

Sou Harada

Author:Sou Harada
原田ソウ

ジブリ、ディズニー担当。
「うねうね」と「ゆるゆる」を武器に
ベース弾いたり
マンガ読んだり
メシ作ったりして
がんばっている。

ここ
にもー少し詳しく書いてあります

足あと

Arcives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
QR
QRコード
Mail To Windingbass

名前:
メール:
件名:
本文:

Sou Harada

バナーを作成
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。