FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
つらつらと。

domino1.jpg


大好きなミュージシャン、いっぱいいる。

人間誰しもそうなのかもしんないけど、
身近な、というか
縁のある、というか、
偶然知り合った友達の先輩、とか
ストリートで見かけてホレた、とか
そのホレたアーティストが他で一緒にやってるひと、とか

そういうふうにつながって出会ったミュージシャンとかアーティスト、
すっげカッコいいひといっぱいいる。

俺にはそういうひとたちが
「売れるために」とか
そういう大事だけど世知辛いことにとらわれすぎず、
いろんなかたちの表現とかエンターテイメントとかを追求してるように見えて、
すげーって思う。

文化ってなんだろ。
アメリカ文化に触発されて
専売特許のモノマネ精神で作り上げてきたJ-POPとか
いろんな分析の仕方があるけど、

少なくとも俺の知ってるひとたちの中には
「文化」してるひとたちがたくさんいるよ。

そういうのってシーンが違うと変わってくるものなのかなあ

でもたしかにblack musicに関わると
「日本人なのにアメリカ人のつくった音楽やってる俺」
とか考えだして
アイデンティティとか必然的に意識するもんな

でもほんとは
ポップスだって日本の文化じゃないんだし
おんなじだよな。

俺がすげーなーって思うひとたちって
やっぱりいろんなこと考えてるし
いろんなことで悩んでる。

いやみんなが悩んでないとは思わないんだけど。

なんかそういうことでたまにぶつかり合ったり
影響しあったりするのが
俺らみたいなガキんちょにはもっと必要だと思うな


でもそれ以前に自分の音楽にもうちょい胸張れるようになんなきゃなー
って最近おもいます
いやこれはごく個人的な目標っつーか課題っつーか。

2007年もあともう少しっすね







Secret
(非公開コメント受付中)

激しく同意。
あ、お久し振りっす。
普段意見を交わしたり悩みあったりしている仲間が
私の周りにも沢山いて凄く助け合ってるしとても大事な人達で。
色々な場所に顔を出したりしてると当たり前だけど
本当に色々な人がいる訳で。
ぶつかりあうのを避けていたり消極的だったり。
何かを凄く恐れてる人がいたり。
自分と相手で向き合う事ってとても大切な事だと思う。
私も頑張ります。
>いがじゅんさん
おひさしっす!
そうそう、ケンカするほど仲がいいってね!
西洋と東洋の間に、大きな壁があると思うんだよね。
>NARI
ひさしぶり!
そだね。
でも日本はASIANて名のりづらいくらい
東洋とか自分たちの文化に国民意識レベルのプライド持ってるわけじゃないし、
和製英語てのがあるくらい
外国(主に欧米だけど)文化を
自分のものにしちゃうよね。
けどその分吸収の度合いも濃いし、
そこに染まりつつも
個性を投影させたがるジレンマを持ってみたり、
そういう折衷案的な良さもあると思うんだ。

ナリタのピアノにもそういうのかなり感じるよ。
君にシンパシー持っちゃうのはそこらへんもカンケイあるかも。
なるほど、そうだね~。
でも、だからこそ、俺はその壁をより大きく感じてしまっているよ。

別に悲観はしてないけどね♪
MENU
Profile

Sou Harada

Author:Sou Harada
原田ソウ

ジブリ、ディズニー担当。
「うねうね」と「ゆるゆる」を武器に
ベース弾いたり
マンガ読んだり
メシ作ったりして
がんばっている。

ここ
にもー少し詳しく書いてあります

足あと

Arcives
Recent Comment
Recent Trackback
Link
QR
QRコード
Mail To Windingbass

名前:
メール:
件名:
本文:

Sou Harada

バナーを作成